日本橋清洲クリニックについて

以前このブログでも紹介したクリニック。
てんとうむしカフェ#4にご参加くださったシャンソンさんからご報告がありましたので、情報共有しますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご連絡遅くなりましたが、日本橋清州クリニックに主人と行って来ました。
佐藤先生は、HP通りのお顔で初対面とは思えませんでした。
気さくな先生でありますが、厳しさも持ち合わせられてる先生です。

一時間強お話下さいました。
此処では伝えきれないので、本当に関心のある方は行かれることをお勧めします(予約制)。
先生のお話の中に、癌の始まりは細胞内のDNAが傷ついたり変化して、異型細胞が出来てしまうことで、
免疫細胞であるリンパ球(NK細胞)が処理しきれなかった細胞だそうです。
原因は自分の体にあるので、癌が見つかったときには転移している可能性も高く、すでにステージ4だと言われました。

癌を治すには、癌のスピードよりもリンパ球のスピードを上げることで、
1、癌のスピードを下げるには、体温を上げる事(体温が一度上がると免疫力は5~6倍上昇する)。
  その為に、佐藤先生からご指示頂いたのは、お風呂のお湯を39度にしてその中に毎日一時間全身浴をする。
  (これは入浴の仕方に注意が必要なので、日本橋清州クリニックのHPの院長先生のお話の入浴編を読んでください)
  深部体温が39,3度になると癌細胞は分裂停止をし、全身浴の場合、体温が36度の人は、39度のお風呂に一時間
  入ると体の深部は3度くらい上がるそうです。
2、リンパ球のスピードを上げるには、姫マツタケを飲む。
  姫マツタケは、学会でも抗腫瘍性を持つことが明らかにされています。但し、学会発表と同じ種菌、同じ栽培方法でないと
  効果が分からないので、学会と同じ姫マツタケを日本橋清州クリニックで実費で購入出来ます。
  白血球数のリンパ球数(Lympho)が、30%以上あれば癌は治りやすいそうです。
  (但し、30%以上確保してても、体温が低ければリンパ球の能力は低下するそうです)

その日からこの2つを始めました。
佐藤先生は、必死さが必要だとおっしゃられました。不思議と末期の方ほど必死なので、いい結果がでてるそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シャンソンさん、詳細なご報告ありがとうございました!
今後も通ってお話やご相談をしていきたいと思っています、とのこと。
いい結果のご報告もお待ちしています。

昨日のカフェ#6にもこちらのクリニックに行かれた方がいて厳しい先生でしたとのお話は聞いていました。
きっとどれだけ必死にやろうとする気があるのかを判断されているのかもしれませんね。
保険適用内で1時間もお話をしてくださる先生です。がんを治そうという気概に満ちた良い先生に違いないと思います。

この情報がみなさんのお役に立ちますように。
[PR]
by ometentou | 2016-05-06 10:31 | 病院について | Comments(0)


てんとうむしの続ける健康食堂


by ometentou

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

2018年1月10日
at 2018-01-10 20:34
2018年1月9日
at 2018-01-09 20:57
てんとうむしカフェ#50 国分寺
at 2018-01-08 20:55
2018年1月7日
at 2018-01-07 21:26
2018年1月6日
at 2018-01-06 21:21

検索

ブログパーツ

ブログジャンル

ファン