カテゴリ:アンケートへの回答( 11 )

その他

他にも
「これを聞いてみたかった!」
「本を読んだけど、ここがよくわからない」
などご質問ありましたら、こちらにコメントくださいませ。

みなさんのがんちゃんがいい子になりますように!!
[PR]
by ometentou | 2014-07-23 21:16 | アンケートへの回答 | Comments(36)

お返事10(治療をやめたときの気持ち)

質問:治療をやめた時、どれほどの恐怖をもたれていましたか。心の持ち様をお伺いしたいです。
そして病気を通して大きな心の変化があればお聞きしたいです。

返事:夫はなにしろ抗がん剤の副作用にまいってしまって、恐怖感はなく断ってほっとしたようです。
療養中、寝てばかりだったせいか、今までの自分を振り返り考える時間がたくさんあったので、反省ばかりしているそうです。涙もろくなり、感激しやすくなりました。

ご質問いただいた方は副作用が全くないとのことで、その個人差に驚きました!白血球数も減らないのでしょうか?お若い方なので細胞が元気なのだと思います。免疫力を高めれば効果が出やすいのではないでしょうか。子育てで大変な時期かと思いますが、玄米食やビタミンミネラルを摂る事はお子さんにもいい影響を与えるのでぜひ無理のない範囲でやってみて下さいね。
[PR]
by ometentou | 2014-07-23 21:13 | アンケートへの回答 | Comments(0)

お返事9(毎日何をしてよいかわからない)

質問;夫ががんになり手術、2ヶ月後に再検査したところ、リンパから肺に転移していました。毎日何をしてよいかわからない状況です。

これから放射線と抗がん剤治療に入るそうで、どんなことになるか心配とのこと。仕事を辞めた方がよいのかも悩んでいらっしゃるそうです。

返事:がんの種類が書いていなかったのですなんとも言えませんが、がんによって抗がん剤の種類も違いますし、副作用も違います。治療計画を伺って抗がん剤の種類から起こりうる副作用を調べて心の準備しておくと良いですよ。副作用も個人差があってお仕事をしながら治療を受けている方もたくさんいます。本当は3ヶ月程度お休みをくれてゆっくり治療に専念させてほしいのですが、、、
何が心配なのかを書き出して、自分で調べることができること、主治医に確認する事、会社に相談してみる事、などに分けてひとつづつ解決してはいかがでしょう?意外と聞いてみないと答えてもらえないし、訴えないと対処してくれないものなのです。副作用の緩和ケアがどのようなものがあるのかもきちんとうかがっておくといいですよ。
心配ごとがはっきりすれば、問題解決に向けて動く事で気持ちも落ち着くのではないでしょうか。

あとはビタミンCを摂る、身体を温める(夏なので難しいかもしれませんが)、笑うなど免疫力を高めるあらゆることを続けて下さいね。
[PR]
by ometentou | 2014-07-23 20:41 | アンケートへの回答 | Comments(0)

お返事8(がんと共存するイメージ)

質問;高齢なので「がんと共存するイメージ」を伝えるのが難しいです。

返事:たとえば糖尿病や脳梗塞と同じようなもの、とお伝えしてみてはいかがでしょう?
食生活に気をつけたり運動したりして症状を抑えて共存している方はたくさんいますよね。
「がん」という名前が漠然と怖いイメージしかないのと、形があって大きくなったり広がったりするので恐怖感が増しますが、糖尿病や脳梗塞も同じです。ほっておけば足を切らなくてはならなくなったり血管が詰まって死に至ったり、、、
体内環境を整えて免疫力を高める事で小さくなる事もあるらしい、と説明したらわかりやすいでしょうか。納得しやすい例えを考えてみて下さいね。
[PR]
by ometentou | 2014-07-23 09:18 | アンケートへの回答 | Comments(0)

お返事7(抗がん剤について)

質問:抗がん剤は殺人兵器という過激な?本やブログが目につきますが「悪」なのでしょうか。

返事:抗がん剤は殺人兵器ではなく、殺細胞兵器です。がん細胞をやっつけるために開発されていますが、がん細胞とその他の細胞を細かく見分ける事ができません。その他の正常細胞もやっつけられてしまうため、様々な副作用がおこり免疫力も低下します。
それを「悪」と言っていいのかどうかわかりません、、、
ただがん細胞をやっつけることにばかり目がいって、肝心のがん細胞の持ち主の状態を考えてくれていないように感じてしまうのも事実です。

うちはあまりの副作用の辛さにやめましたが、10日間抗がん剤治療を受けています。
放射線と抗がん剤で弱ったがん細胞がその後の自宅療養で免疫力を高める事を徹底したおかげで消えた、とも考えられるので簡単に否定はできません。

ただあのまま続けていたら、副作用で体力や気力が落ちてしまうばかりだったと思います。いくら免疫力を高めようとしても追いつかなかったかもしれません。
続けなくてよかった、と思っています。
[PR]
by ometentou | 2014-07-23 09:08 | アンケートへの回答 | Comments(0)

お返事6(抗がん剤とその他の療法との併用)

質問:これから抗がん剤(分子標的剤)を使うかどうか悩んでいます。

この方はお母さまがメラノーマで分子標的薬の治験を受けるかどうかで悩んでいらっしゃいます。
娘さんの方は食事療法や温熱療法で治せるのではないかと思っていても、お母さまは西洋医学以外の力をあまり信じられていないそうです。抗がん剤を使う事で逆にがんが広がってしまわないか心配していらっしゃいます。

返事:わたしは分子標的薬には詳しくはないですが、こちらを参考になさってみてはいかがでしょう。
がんサポート
分子標的薬の副作用
調べたところ、従来の抗がん剤ほど正常細胞に影響を与えないようですよ。
治験を受けるのには条件が必要ですし、受けることができること自体ラッキーな事なのかもしれません。内容や副作用のことなど主治医からお母さまに説明してもらってご自身で決めてもらうのがよいと思います。

皮膚に必要な栄養素はビタミンA、B、C、E、亜鉛、マグネシウム、ヨウ素、オメガ3系の油、レシチンです。
基本のビタミンスムージーにくるみを入れていただくとA、C、E、オメガ3系油、がいっぺんに摂れます。玄米食にすれば、B、亜鉛、マグネシウムも摂取できますよ。

帯津クリニックには抗がん剤を受けながら副作用を緩和させる漢方を併用している方も多いと聞きました。

お母さまの決めた事を尊重しつつ、免疫力を高めることをして上げて下さいね。がんを弱めている間に免疫力を高めておとなしくさせるのはかなり効果的だと思います。
こちらが心配しすぎたり怖がったりすると相手にも伝わってしまいます。一緒に楽しめることをするのが一番免疫力が上がるのではないでしょうか。
[PR]
by ometentou | 2014-07-22 16:44 | アンケートへの回答 | Comments(0)

お返事5(がんが消えた要因)

質問:だんなさまご自身は何ががんが消えた原因の一番だと思っていらっしゃいますか?
またがんがわかった時、原因に思い当たる事はありましたか?

返事:夫は漢方と足つぼが効いた、と最初は思ったようです。でもこの5年の間に漢方を飲んでいる方や足つぼに通っている方みんながみんな経過良好ではないとわかってから、温め・食事療法・心理作戦など色々な事を同時進行で行ったのがよかったのではないかと感じているそうです。

いろいろやったわたしとしては「漢方と足つぼのおかげだ」と言われると「人の苦労も知らないで!」と思いました。が、裏を返せばわたしが色々した事は夫が治療と思わないほど自然だった、ということなので”ストレスを感じさせないように続ける”という目的は果たせたことになりますね。

原因はたばこだと思ったそうです。なので入院前にたばこやライターを捨てました(^^;)
[PR]
by ometentou | 2014-07-22 13:53 | アンケートへの回答 | Comments(0)

お返事3(受診について)

質問;がんが消えた後、病院では経過観察で診察をうけているのですか?

今、お身体がどのような状態なのか書いていないのでわからないのですが、”身体に変調があると不安になってしまってお医者様に診て頂きたくなる”ということを気にされている方からです。

返事:消えた後は半年に1度血液検査、1年に1度CT検査を受けています。食道を摘出して胃を持ち上げた事で逆流性食道炎になってしまったので、時々胃酸を抑える薬を処方して頂いています。

うちは手術後、食道の縫い目が盛り上がって食事がのどを通りづらくなっていたのに病院に行かずに家でなんとかしようとして、しなくてよい苦労をしてしまいました。早く行けば良かったと思いました、、、
体調が悪い時に受診するのは間違っていないと思います!早め早めがいいですよね。
ただ検査でなんともなくても不安が募って、、、というような精神的なものだとご自身が感じていらっしゃる様でしたら、違う方法を考えた方がいいです。
毎日これをしたらがんがいい子になる気がして落ち着く!というような習慣のようなものを作ったらいいと思います。

夜寝る前には音楽を聴きながらレモネードを飲む、とか。
ご自身の好きな事とがんを広げない事を組み合わせて習慣化させてみてください。
きっと気持ちを穏やかに保つ事ができると思います。
[PR]
by ometentou | 2014-07-22 13:37 | アンケートへの回答 | Comments(0)

お返事2(料理のこと)

質問:料理の苦手なわたしが続けられるか心配です。

だんなさまががんで手術・陽子線治療・免疫治療を経て抗がん剤の最中。検査のたびに新しいがんが生まれて、だんなさまは精神的にまいっている中、支えているつや姫さんからのご質問です。

返事:お料理が苦手とのことなので、食事の事を考えるのはつや姫さんには大きなストレスになっていらっしゃるでしょうか。人参ジュースは4ヶ月続けられているとのことですから、ご自身が思っているよりも苦手ではないのだと思います。
食欲が落ちているとの事なので、そんなに凝ったお料理は食べられない時期なのだと思います。食事の方は人参ジュース、雑穀おかゆに玄米の粉やゆでた野菜をを混ぜたもの、豆料理等を中心に考えてみてはいかがでしょう?免疫力を上げる方法は食事以外にもあるのでそちらも試して続けて下さいね。続けられなかった事で自信をなくしたりストレスになっては良くないので、無理なくできるものを選んで下さいね。
[PR]
by ometentou | 2014-07-22 13:09 | アンケートへの回答 | Comments(0)

お返事1(乳酸菌について)

質問:乳酸菌はスーパーで売っているようなものでOKですか?

返事:ビタミンスムージーにいつも入れている乳酸菌はカゴメのラブレ(プレーン)です。スーパーで売っています。
再度作り方を載せておきますね。

・人参       1本
・りんご    1/2本
・バナナ    1/2本
・レモン    1/2個
・アマニ油   小さじ2
・コーボン   大さじ2
・植物性乳酸菌飲料または水 80ml

朝、お水を1杯飲んだ後にこのジュースを飲むと酵母の力でお腹がじわっと暖かくなって腸も動いて来ます。コーボン(第一酵母)でなくても他の安心できるものがあればそちらをお使い下さい。
ここに季節の野菜や果物(イチゴ、セロリ、小松菜、キャベツなど)を加えると変化がでて楽しいです。なるべく無農薬・有機栽培のものを使用して下さい。
アマニ油は人参のカロテンの吸収を良くします。
人参はビタミンCを壊すので、レモンは最後に入れて下さいね。
毎朝飲めば、風邪もひかずにお腹も快調です。

注意)植物性乳酸菌飲料としてカゴメのラブレですが動物性原料である牛乳由来の「脱脂粉乳」が入っております。牛乳アレルギーの方や絶対に動物性のものを摂りたくない方はお水や豆乳に変えてください。
[PR]
by ometentou | 2014-07-22 10:06 | アンケートへの回答 | Comments(0)


てんとうむしの続ける健康食堂


by ometentou

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

2017年10月17日
at 2017-10-17 20:09
2017年10月16日
at 2017-10-16 19:59
2017年10月15日
at 2017-10-15 20:51
2017年10月14日
at 2017-10-14 20:43
前向きな行動がもたらすもの
at 2017-10-12 09:00

検索

ブログパーツ

ブログジャンル

ファン